このサイトは記事内に広告を含む場合があります。広告や表現について

革新的な投資戦略を採用する資産運用会社【グローバルX】

あなたは、他のファンドとは一味違う革新的な商品をお探しではないですか?それならば、グローバルX社の提供するETFがあなたの最適解になるでしょう。

グローバルX社は、独自のアイデアやトレンドを反映した異色のETFを運用しています。その中には、特定のセクターや国、テーマにフォーカスしたETFもあり、投資家に多様な選択肢を提供します。グローバルX社のETFは、通常低い経費率で提供されており、投資家に費用対効果の高い投資選択肢を提供します。

他のファンドでは見られないような運営方針の商品が多数用意されています。この記事では、グローバルX社がどういう企業なのか、また、提供するETFがどのような特徴を持っているのか、詳しく解説していきます。

米国ETFマンガ①
米国ETFマンガ②

マンガ:クマ(@cumacuma_cuma

登場人物
どんぐり所長

どんぐり所長

米国株式を中心に投資する投資家。投資の為に樫の木から落ちてきた木の実らしい。安定型、長期投資志向であり、投資信託や米国ETF、国内高配当株に投資している。

けんたくん

けんたくん

お金持ちに憧れる小学6年生。株式取引に大いに興味あり、自分以外が儲かる事がキライ。両親より株式に詳しい。

目次

グローバルXは革新的な資産運用会社

Global X Fundsは、アメリカ合衆国ニューヨークに本社を置くETFプロバイダーです。2008年に設立され、多様な投資対象をカバーする独自のETFを提供することで知られています。グローバルX社は、テクノロジー、革新、高成長産業、国際市場などに焦点を当てた特殊な投資戦略を提供しています。グローバルX社は、投資家に投資のフレックスibilitiyと選択肢を提供することを目的としています。

グローバルX社は、独自のアイデアやトレンドを反映した異色のETFを運用しています。その中には、特定のセクターや国、テーマにフォーカスしたETFもあり、投資家に多様な選択肢を提供します。グローバルX社のETFは、通常低い経費率で提供されており、投資家に費用対効果の高い投資選択肢を提供します。

グローバルXの提供する主なETF

Global X社は、様々なセクターや国別の投資先に焦点を当てたETFを運用しています。代表的なETFには以下のものがあります:

  • Global X Robotics & Artificial Intelligence ETF (BOTZ)
  • Global X Lithium & Battery Tech ETF (LIT)
  • Global X Internet of Things ETF (SNSR)
  • Global X Cloud Computing ETF (CLOU)
  • Global X MSCI SuperDividend EAFE ETF (EFAS)

これらのETFは、特定の投資テーマやセクターに投資することを可能にすることができます。 また、費用率が一般的に低いこともある特徴となっています。

BOTZ

BOTZは、Global X社によって運用されるETFであり、ロボット・テクノロジーに投資することが可能です。このETFは、ロボット技術に関連する企業の株式を追跡することによって投資目的を達成することが目的です。BOTZは、ロボット技術が進展することによって成長する可能性がある投資対象に対する選択肢を提供することができます。

どんぐり所長
どんぐり所長

ロボット工学やAIに関する分野に投資するファンドです。

LIT

LITは、グローバルX社が運用するLithium ETF(リチウムETF)です。LITは、世界のリチウム産業を投資対象としています。このETFは、リチウム関連の業界を投資することで、投資家がリチウム市場の成長に関連した利益を得ることができます。

どんぐり所長
どんぐり所長

電動自動車などで使用する、リチウム電池などの分野に投資したいならコレ!

SNSR

SNSRは、Global X社によって運用されているETFの一つです。このETFは、次世代テクノロジーに関連する企業の株式を網羅することを目的としています。このETFを投資することで、投資家は次世代テクノロジーセクターに投資することができますが、単一の企業への投資のリスクを分散することもできます。

どんぐり所長
どんぐり所長

次世代テクノロジーに投資するファンドです。

CLOU

CLOUはGlobal X社の運用するETFであり、クラウド・コンピューティング技術に関連する株式を投資対象としています。このETFは世界中の企業に投資することで、クラウド・コンピューティング業界のグローバルな動向を把握することができます。

どんぐり所長
どんぐり所長

クラウド産業に投資したいなら、このファンド。

FEAS

FEASは、Global Xの「Future Aerospace & Defense ETF」の略称です。このETFは、航空・防衛業界に投資することができます。FEASは世界中の航空・防衛関連の企業に投資することで、航空・防衛業界の株式市場を投資することができます。このETFは、市場指数に基づいて構成されています。

どんぐり所長
どんぐり所長

航空・防衛産業に投資するファンドなんてコレくらいじゃないかな。

QYLD

Global X NASDAQ 100 Covered Call ETF(QYLD)は、グローバルX社が運用するETFの一種です。このETFは、NASDAQ 100指数に基づいて投資を行います。また、カバードコール戦略を取り入れているため、株式市場の下落時にもリスクを軽減することができます。このETFは、高いリターンを期待する投資家向けの、リスクを軽減すると共に株式投資を行う良い選択肢となっています。

どんぐり所長
どんぐり所長

12%を超える配当利回りを狙えます。

XYLD

Global X S&P 500 Covered Call ETF(XYLD)は、米国株式市場に投資することができるETFです。このETFは、S&P 500インデックスを構成する株式を保有しながら、株式オプションの売り契約(カバードコール)を行うことで、投資収益を向上させようとする戦略をとっています。このETFは、株式市場の横ばいな状況下では収益を上げることができる可能性がありますが、株式市場の上昇トレンドの場合はより低い収益が見込まれます。

どんぐり所長
どんぐり所長

超高配当が毎月貰える、配当に振り切ったファンドです。

QYLG

Global X Nasdaq 100 Covered Call & Growth ETF(QYLG)は、株式投資の一種です。このETFは、Nasdaq 100指数に基づいて投資を行い、カバードコール戦術を組み合わせて、株式投資と同時に収益を上げることを目的としています。カバードコール戦術は、株式投資にコールオプションを付け加えることで、株価の下落を防ぐと同時に収益を上げる手法です。

どんぐり所長
どんぐり所長

QYLDとQQQを半々で購入してるイメージ。

XYLG

Global X S&P 500 Covered Call & Growth ETF(XYLG)は、株式投資の一種であり、S&P 500指数に対応する投資信託です。このETFは、カバードコール戦術と成長投資戦略を組み合わせて運用されます。カバードコール戦術は、オプション契約を利用して株式投資のリスクを軽減する手法です。成長投資戦略は、成長性に優れた企業の株式を選択的に選んで投資することにより、長期的な投資収益を目指す手法です。このETFは、株式投資に興味のある投資家にとって魅力的な選択肢となるかもしれません。

どんぐり所長
どんぐり所長

S&P500に投資できる、VOOとそのカバードコールETFであるXYLDを、半分ずつ購入するイメージのETF。

グローバルX社が革新的と言われる理由

グローバルX社は、独自の分野専門的なETF(Exchange-Traded Fund)を提供することで、革新的と評価されています。彼らは投資家により多彩な選択肢を提供するため、専門的な分野や国際的な市場、成長に焦点を当てたETFなどを開発しています。また、イノベーションを重視し、常に最新のトレンドや投資ニーズに応じて新しいETFを開発することも特徴です。これらがグローバルX社が革新的と評価される理由です。

どんぐり所長
どんぐり所長

他の資産運用会社にはない、魅力的なファンドをたくさん提供しています。

グローバルX社のファンドに投資するメリット

グローバルX社は、独自のイノベーションや専門的な知識を活用して、革新的なETFを開発しています。これにより、他の資産運用会社とは異なる投資オプションを提供することができます。また、グローバルX社は専門家チームによる適切なリスクマネジメントや適切な運用戦略を導入することで、投資家に安定したリターンを提供することも可能です。さらに、グローバルX社のETFは透明性が高く、運用費用が低いことも特徴となっています。

グローバルX社の運用するETFに投資するメリットとしては、以下のようなものがあります。

  • 多様な投資対象: グローバルX社は、多種多様なセクターや国、地域をカバーするETFを提供しています。
  • コスト効率: ETFは株式と同様に売買することができますが、株式と比較して低い手数料や管理費が必要なので、コスト効率が高いです。
  • 柔軟性: ETFは市場の変動に対応して簡単に売買することができます。
  • 運用のシンプルさ: ETFは株式を複数保有することで、多種多様な投資対象を網羅することができます。
  • トラッキングエラーの低さ: ETFは運用ベンチマークに近づけることができますので、トラッキングエラーが少ない傾向があります。
どんぐり所長
どんぐり所長

低コストかつ、独自の視点で選んだ分野に投資できます。

米国株ETFが始めたくなったら

米国株ETFを始めるにはどうしたらよいのでしょうか?株の初心者には全然わかりませんよね。

米国株ETFを始めるには、まず証券会社の口座を開設しましょう。でも、株を知ったばかりのあなたはどの証券会社を選べばいいかわかりませんよね。私もそうでした。

何も知らずに証券会社を選ぶことは非常に危険です。なぜなら、証券会社によって手数料がまったく違うからです。例えば、銀行や証券会社などで投資信託を契約してしまうと、非常に手数料が高額になる場合が多いです。手数料が多いと、その時点で将来の資産形成スピードが遅くなります。それどころか手数料負けしてしまって、マイナスになることもあり得ます。

そこで、手数料も低額で良心的なネット証券会社を二つご紹介します。両行とも、自信をもっておすすめできる証券会社です。

SBI証券

証券会社の口座開設数で日本一を誇るSBI証券。多くの方々に親しまれている理由は、総合的なレベルの高さ。

  • 国内の証券口座開設数ナンバーワン
  • SBI・Vシリーズで、VT/VOO/VTIなどのETFに連動した投資信託が円貨で購入できる
  • 住信SBIネット銀行経由でドルを買うと手数料が最安
  • PTS取引で夜間も株取引ができる!
  • 投資信託の買い付けにTポイントが利用できる!
  • IPO案件の取り扱いが多く、IPOチャレンジポイントで何時かは購入できるのが嬉しい。
  • Tポイントでも投資が可能に!
どんぐり所長
どんぐり所長

とりあえず一つ口座開設したいなら、SBI証券を選べばいいですね。

SBI証券で口座開設する方法を、画像を使って解説しました!ぜひ参考にしてくださいね。

著者

コメント

コメントする

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次