こどもでもわかる【VEA】先進国に投資してポートフォリオの調整

VEA

あなたは米国株ETFは米国の企業に投資していると考えていませんか?実はアメリカ以外の国へも投資が可能です。その中でもこの記事ではVEAを紹介します。

VEAとは、アメリカを除く先進国に投資するETF。先進国ですから、経済的にも成長した国の企業を集めた商品です。

どんぐり所長
どんぐり所長

ポートフォリオがアメリカに偏るのが気になる方が、他の国の比率を上げたい時に便利な銘柄です。

あなたが投資してきている投資商品が、アメリカに偏ってしまっている場合、アメリカに何かがあると大きく資産が減ってしまう場合があります。

また、アメリカがこのまま成長を続けるとは限りません。アメリカよりも他の先進国の方が成長するとお考えならば、アメリカ以外の国の比率を上げる必要があります。

そのような場合に重宝するのがこのVEAと新興国ETFであるVWO。

では、VEAとはどのような銘柄なのでしょうか。この記事では詳しく優しく解説していきます。

米国ETFマンガ①
米国ETFマンガ②

マンガ:クマ(@cumacuma_cuma

登場人物
どんぐり所長

どんぐり所長

米国株式を中心に投資する投資家
投資の為に樫の木から落ちてきた木の実
安定型、長期投資志向
投資信託+米国ETF+国内高配当株に投資
証券口座を4口座活用中

けんたくん

けんたくん

お金持ちに憧れる小学6年生
株式取引に大いに興味あり
自分以外が儲かる事がキライ
両親より株式に詳しい

目次

VEAとは

どんぐり所長
どんぐり所長

VEAはアメリカ以外の先進国に投資できるETFだよ。

他の国にも投資できるんだねぇ。

けんたくん
けんたくん

VEAはアメリカ以外の先進国に投資するETF。成熟した先進国に投資することでリスク分散を狙います。また、アメリカ以外の国の成長に賭ける意味合いもあります。アメリカ以外に期待する国が先進国にある場合は、ポートフォリオに加える価値があります。

VEAの構成国

ヨーロッパの国々とか日本とかが入るのかな?

けんたくん
けんたくん
どんぐり所長
どんぐり所長

当たりだね!

画像引用:バンガード VEAの構成国

日本、イギリス、カナダ、フランス、スイス、オーストラリア、ドイツ…と続いていきます。大国ばかりが並んでいますね。

問題点は日本が多いこと。日本には自分で投資したいという方や、あえて日本を外したいという方はVEAは向いていません。

先進国の対義語は新興国

先進国以外の国にも投資できるの?

けんたくん
けんたくん
どんぐり所長
どんぐり所長

新興国だね!そちらに投資するVWOというETFがあるよ。

すでに成熟した国達を先進国と呼ぶなら、これから成長してくる国の事を「新興国」と呼びます。

新興国は国が成熟していないので、安定感はありませんが、これから一気に成長してくる可能性を秘めています。

このような新興国に投資するETFがVWOです。

VEA+VWOという選択

VEAとVWOを合わせて持ったらVTになるの?

けんたくん
けんたくん
どんぐり所長
どんぐり所長

アメリカが入ってないから、VTにはならないよ!

VTとは全世界を丸ごと買うイメージのETFです。しかし、この中で多くの比率を占めているのがアメリカ株。全世界株式と言いながらもアメリカ中心のETFです。

VTの詳しい記事はこちら

アメリカを完全に外した状態で全世界に投資したい。そのような投資がしたい場合は、VEA+VWOという購入方法があります。これならば、アメリカが含まれていませんので、アメリカの比率を上げることなく、その他の国に投資することができます。

VEAの運用会社

どんぐり所長
どんぐり所長

VEAを運用しているのはバンガード社。

なんか強そう~。

けんたくん
けんたくん

バンガード社はブラックロック社に次ぐ世界第二位の投資信託および上場投資信託の提供者です。世界で初めてインデックスファンドを個人投資家に提供した企業として有名です。

経費率の低い良心的な商品を多く提供しており、特に日本国内では大人気の資産運用会社です。

VEAの資産総額

どんぐり所長
どんぐり所長

VEAの資産総額は、927億ドル!

多いのかな?

けんたくん
けんたくん
どんぐり所長
どんぐり所長

めちゃめちゃ多い部類にはいりますね!

資産総額は多ければ多いほど有利です。それは人気がある証拠だから。人気がある商品にはどんどん資金が流入し、また株価が上がることで資産総額が増加していきます。

そのような銘柄の場合、経費率が下げらる傾向にあります。また、資金が集まっている銘柄は、運用停止になる可能性も減りますので安心して投資できます。

資産総額で銘柄を選びたい方のためにランキングを作りました!ぜひ参考にしてくださいね。

資産総額ランキングはこちら

VEAの経費率

どんぐり所長
どんぐり所長

VEAの経費率は0.05%!

おっ、結構低い!

けんたくん
けんたくん

VEAの経費率は0.05%。VOOの0.03%には及びませんが、かなりの低水準です。経費率の安い、米国株ETFの中でも指折りの安さでしょう。

VEAに100万円投資しても、年間500円の経費で済んでしまいます。これは、資産総額もそれなりあり、運用会社がバンガードだからできる安さですね。

経費率の安い銘柄から選びたい!そんなあなたの為にランキングを作りました。そちらもご参考ください。

経費率ランキングはこちら

VEAの配当利回り

どんぐり所長
どんぐり所長

VEAの直近の配当利回りは5.10%!(2022年6月現在)

あれ?多くない!?

けんたくん
けんたくん
どんぐり所長
どんぐり所長

確かに多いね!高配当ETFよりも多いくらい。

VEAの配当利回りは、思ったよりも多い印象。先進国に投資しながら、配当金をもらうのにはよい投資先です。

高配当ETFであるVYMでも3~4%程度ですから、その配当利回りの高さにびっくりされるでしょう。高配当ETFの代わりとしてポートフォリオに加えても面白いですね。

VYMの詳しい記事はこちら

配当金の多い銘柄を選びたい!というあなたの為にランキングを作成しました。ぜひ、参考にしてくださいね。

配当利回りランキングはこちら

先進国をポートフォリオに加える意味

どんぐり所長
どんぐり所長

VEAを加える一番の意味は、アメリカの比率を下げたいってところだね!

どうしてアメリカの比率を下げたいの?

けんたくん
けんたくん
どんぐり所長
どんぐり所長

アメリカが強すぎて、アメリカ株が多く入った銘柄ばかりを持っていると、知らず知らずの間に「ほぼアメリカに全力賭け」の状態になってしまうんだ。

投資信託や米国株ETFでよくおすすめされている優秀な商品は、ほぼアメリカ株主体です。リスク分散と言いながら、ほとんどの資産をアメリカに託しているわけですから、アメリカに何かあればそれでしさんが大幅に目減りする結果になります。

そこで、先進国だけをポートフォリオに加えることでアメリカの比率を下げ、世界全体にリスク分散を強める意味合いです。

VTにVEAを加えると、単純にアメリカの比率が下がってわかりやすいですね。

VEAはこんな方におすすめ

VEAはこんな方におすすめ

先進国に投資したい
アメリカの比率を下げてリスク分散したい
高配当ETF以外で高配当が欲しい

アメリカ以外の先進国に投資するETF「VEA」。資産総額も多く、経費率が安く、配当利回りも高い銘柄でした。

単体で持つというよりも、他の銘柄の割合を調整する為に使用する意味あいが強いかもしれませんね。

どんぐり所長
どんぐり所長

あなたもVEAを使って、上手に構成割合を調整しましょう!では、また!

米国株ETFが始めたくなったら

米国株ETFを始めるにはどうしたらよいのでしょうか?株の初心者には全然わかりませんよね。

米国株ETFを始めるには、まず証券会社の口座を開設しましょう。でも、株を知ったばかりのあなたはどの証券会社を選べばいいかわかりませんよね。私もそうでした。

何も知らずに証券会社を選ぶことは非常に危険です。なぜなら、証券会社によって手数料がまったく違うからです。例えば、銀行や証券会社などで投資信託を契約してしまうと、非常に手数料が高額になる場合が多いです。手数料が多いと、その時点で将来の資産形成スピードが遅くなります。それどころか手数料負けしてしまって、マイナスになることもあり得ます。

そこで、手数料も低額で良心的なネット証券会社を二つご紹介します。両行とも、自信をもっておすすめできる証券会社です。

SBI証券

証券会社の口座開設数で日本一を誇るSBI証券。多くの方々に親しまれている理由は、総合的なレベルの高さ。

  • 国内の証券口座開設数ナンバーワン
  • SBI・Vシリーズで、VT/VOO/VTIなどのETFに連動した投資信託が円貨で購入できる
  • 住信SBIネット銀行経由でドルを買うと手数料が最安
  • PTS取引で夜間も株取引ができる!
  • 投資信託の買い付けにTポイントが利用できる!
  • IPO案件の取り扱いが多く、IPOチャレンジポイントで何時かは購入できるのが嬉しい。
  • Tポイントでも投資が可能に!
どんぐり所長
どんぐり所長

とりあえず一つ口座開設したいなら、SBI証券を選べばいいですね。

SBI証券で口座開設する方法を、画像を使って解説しました!ぜひ参考にしてくださいね。

DMM.com証券

DMM.com証券の売りは、なんといっても手数料の低さ。口座開設までのスピードも速く、早く口座開設したい方にはうってつけです。

DMM.com証券のメリット

  • 手数料が最安値!
  • DMM株ポイントが取引量によって貰える!
  • 最短5分で口座開設の入力が完了!最短即日に取引開始可能!

DMM.com証券のデメリット

  • 国内株を、1株から取引する事はできない
  • 投資信託の取り扱いが無い
  • つみたてNISA口座の開設ができない
どんぐり所長
どんぐり所長

一刻も早く口座開設したいなら、DMM.com証券を選びましょう!

DMM.com証券で口座開設する方法を、画像を使って解説しました!ぜひ参考にしてくださいね。

著者

コメント

コメントする

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

目次