こどもでもわかる【成行】値段を指定せずに注文

成行とは

いざ株取引をしようと証券会社の画面を開くと、あるわあるわ、専門用語の海。初心者にはまったく意味がわかりません。特に株を購入する時にでてくる「成行なりゆき」と「指値さしね」。どちらの購入方法にもメリット、デメリットがあります。

成行とは、値段を決めずに株式取引を発注すること。その銘柄の注文時の価格ですぐ購入したい時に使用する注文方法です。

従って、指値とは値段を決めて取引を発注することになりますね。

この記事では、成行注文のメリットやデメリットについて解説していきたいと思います。

登場人物
どんぐり所長

どんぐり所長

米国株式を中心に投資する投資家
投資の為に樫の木から落ちてきた木の実
安定型、長期投資志向
投資信託+米国ETF+国内高配当株に投資
証券口座を4口座活用中

けんたくん

けんたくん

お金持ちに憧れる小学6年生
株式取引に大いに興味あり
自分以外が儲かる事がキライ
両親より株式に詳しい

目次

成行注文とは

どんぐり所長
どんぐり所長

成行注文は価格を決めずに注文する方法だよ!

それなら高く買わされたり、安く売られちゃったりして損するんじゃないの?

どんぐり所長
どんぐり所長

現在取引されてる価格帯の近くでは購入されるよ!

成行注文とは一体どのような注文方法なのでしょうか。

成行注文とは、価格を決めずに注文する方法というのは先述したとおり。価格はその時取引されている価格帯の中で自動的に決定します。

どうしてもその日のうちに約定させたい銘柄などがある場合は成行注文を使うことで、ほぼ確実に取引を成立させることができます。

成行注文のデメリット

成行注文のデメリットってないの?

けんたくん
けんたくん
どんぐり所長
どんぐり所長

デメリットはもちろんあるよ!

価格が自動的に決まる成行注文。そこに一体どういったデメリットがあるのでしょうか。実際に起こる事案を元に解説していきます。

思った価格より高い(安い)価格で約定する

ちょっと!成行で買い注文入れたんだけど、思ったより高い価格で買っちゃった!

それは残念。でも、理由があるんだよ!

成行で注文した場合、リアルで取引されている価格よりも、高い金額で購入してしまったり、安い金額で売却してしまうことがよくあります。これには理由があります。

成行注文よりも指値注文が優先される

どんぐり所長
どんぐり所長

それは、取引価格帯に指値注文が多く、指値が優先されて成行まで順番がまわってこなかったんだ。

えっ!指値注文の方が優先なの?

成行注文よりも、指値注文の方が優先されます。現在の取引価格帯で指値注文が多い場合、あなたが発注した成行注文は、現在の取引価格よりも離れた金額で約定する場合があります。

指値で現在の取引価格よりも少し損側に金額設定をすれば、購入できる確率が上がります。

成り行き注文が約定しない

成行注文がなかなか約定しないことがあるんだ。

エー!値段決めてないのに?

成り行き注文が約定しない理由は2つ

  • 成り行き注文は早い者勝ち。注文を早く出した人から約定していきます。自分の順番が来るまでは約定しません。
  • そもそも、相手注文がなければ約定しない

成行注文のメリット

じゃあ、成行注文のメリットを教えてください!

けんたくん
けんたくん
どんぐり所長
どんぐり所長

了解!

成り行き注文なら買いやすい

どんぐり所長
どんぐり所長

何と言っても、その銘柄を購入しやすいってことだね!

指値だったら買いにくいの?

けんたくん
けんたくん

人間という生き物は、少しでも儲けたい、損をしたくないと考える生き物です。

指値で相場を頻繁に確認しながら、ここだ!というタイミングで株式売買注文を入れます。その場合、取引が成立(約定)しないことがよくあります。翌日に再度その取引をしようとすると、株価が大きく変動しており、取引を中止せざるを得ない、なんてことも起こります。

その点、成行ならば、その日のうちにほぼ約定することができます。

初心者は成行を上手に使って取引しよう!

指値で注文するとき、デイトレーダーのようにモニターに張り付いて、一番下がったところで購入注文を入れたい、または、一番上がったところで売り注文をだしたい。よ〜くわかります。

しかし、そういう「最高のタイミング」を探していると、結局購入できなかった。なーんてことが起こり得ます。

そうならないためにも、ほぼ確実に購入したい場合に「成行注文」を使用します。成行注文ならその日のうちに約定することが多く、すぐ複利の恩恵に預かれるようになるでしょう。

初心者こそ、成行をうまく使って、相場に慣れていきたいですね!

本日はここまで。

米国株ETFが始めたくなったら

米国株ETFを始めるにはどうしたらよいのでしょうか?株の初心者には全然わかりませんよね。

米国株ETFを始めるには、まず証券会社の口座を開設しましょう。でも、株を知ったばかりのあなたはどの証券会社を選べばいいかわかりませんよね。私もそうでした。

何も知らずに証券会社を選ぶことは非常に危険です。なぜなら、証券会社によって手数料がまったく違うからです。例えば、銀行や証券会社などで投資信託を契約してしまうと、非常に手数料が高額になる場合が多いです。手数料が多いと、その時点で将来の資産形成スピードが遅くなります。それどころか手数料負けしてしまって、マイナスになることもあり得ます。

そこで、手数料も低額で良心的なネット証券会社を二つご紹介します。両行とも、自信をもっておすすめできる証券会社です。

SBI証券

証券会社の口座開設数で日本一を誇るSBI証券。多くの方々に親しまれている理由は、総合的なレベルの高さ。

  • 国内の証券口座開設数ナンバーワン
  • SBI・Vシリーズで、VT/VOO/VTIなどのETFに連動した投資信託が円貨で購入できる
  • 住信SBIネット銀行経由でドルを買うと手数料が最安
  • PTS取引で夜間も株取引ができる!
  • 投資信託の買い付けにTポイントが利用できる!
  • IPO案件の取り扱いが多く、IPOチャレンジポイントで何時かは購入できるのが嬉しい。
  • Tポイントでも投資が可能に!
どんぐり所長
どんぐり所長

とりあえず一つ口座開設したいなら、SBI証券を選べばいいですね。

SBI証券で口座開設する方法を、画像を使って解説しました!ぜひ参考にしてくださいね。

DMM.com証券

DMM.com証券の売りは、なんといっても手数料の低さ。口座開設までのスピードも速く、早く口座開設したい方にはうってつけです。

DMM.com証券のメリット

  • 手数料が最安値!
  • DMM株ポイントが取引量によって貰える!
  • 最短5分で口座開設の入力が完了!最短即日に取引開始可能!

DMM.com証券のデメリット

  • 国内株を、1株から取引する事はできない
  • 投資信託の取り扱いが無い
  • つみたてNISA口座の開設ができない
どんぐり所長
どんぐり所長

一刻も早く口座開設したいなら、DMM.com証券を選びましょう!

DMM.com証券で口座開設する方法を、画像を使って解説しました!ぜひ参考にしてくださいね。

トップページへ戻る
米国株ETF診断
著者

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる