このサイトは記事内に広告を含む場合があります。広告や表現について

【ブラックロック】低コストで高効率な投資手法

あなたは、世界的に信用のある運用会社のファンドをお探しではないですか?日本で大人気のバンガード社のファンドを選ぶのも良いですが、ブラックロック社のファンドがあなたの最適解になるかもしれません。

ブラックロック社は、世界最大の資産運用会社の一つであり、多様な投資ファンドを提供しています。その中には、株式投資を対象とするETF、固定投資信託(Bonds)、多資assetクラスのファンド、積立NISA(TSA)、リタイアメントプランなどが含まれます。顧客のニーズに合わせた投資戦略を提供することで、格付け・リスク・リターンなどの分析とともに、投資家が目標に向けた資産配分を支援します。

ブラックロック社のETFは、幅広い投資対象に対応した多様なファンドを提供しています。その中でも、代表的なETFとして、S&P 500インデックスを投資対象にしたIVVや、全世界株式インデックスを投資対象にしたEFA、新興国株式インデックスを投資対象にしたEEM、米国債インデックスを投資対象にしたLQDなどがあります。

それらのETFは、高い流通量を持ち、市場参加者が多いため、スプレッドが狭く、取引が容易であることが特徴です。また、豊富な投資対象に対応し、投資家が幅広いアセットアロケーションを行うことができるため、多様な投資戦略を実行することが可能です。

この記事では、そんなブラックロック社について、詳しく解説していきます。

米国ETFマンガ①
米国ETFマンガ②

マンガ:クマ(@cumacuma_cuma

登場人物
どんぐり所長

どんぐり所長

米国株式を中心に投資する投資家。投資の為に樫の木から落ちてきた木の実らしい。安定型、長期投資志向であり、投資信託や米国ETF、国内高配当株に投資している。

けんたくん

けんたくん

お金持ちに憧れる小学6年生。株式取引に大いに興味あり、自分以外が儲かる事がキライ。両親より株式に詳しい。

目次

ブラックロック社とは

ブラックロック社は世界最大のアセットマネージャーであり、資産運用、証券取引、リタイアメントソリューションなどの幅広いサービスを提供しています。特に、ETF市場においては、iSharesブランドのETFをはじめとする多数のETFを提供しており、流通量も大きく、信用も高いと評判です。また、投資戦略に合わせた多種多様なETFを提供しており、長期投資に適したものから短期トレードに適したものまで幅広い選択肢を提供しています。

どんぐり所長
どんぐり所長

ブラックロック社は世界最大規模の資産運用会社!

ブラックロック社の歴史

ブラックロック社は1974年に設立され、アメリカ合衆国の世界最大の私立資産運用会社です。当初は、米国国内での資産運用に特化していたが、現在では全世界に事業を展開し、年間約8兆ドルの資産を運用しています。投資戦略には、株式、債券、不動産、アルテリア、ハイイールド、開発途上国など多岐にわたります。また、インフラストラクチャー投資、クライアント・アルファ、環境、社会、企業ガバナンス(ESG)などの新興アセットクラスにも取り組んでいます。

どんぐり所長
どんぐり所長

50年近い歴史があるんだよ。

ブラックロック社の運用方針

ブラックロック社は世界最大のアセットマネジメント企業であり、様々な投資戦略に対応したETFを運用しています。その運用方針は、投資対象となる市場やセクターについての厳密なリサーチに基づいて選定し、市場のパフォーマンスに対応した適切なタイミングで取引を行うことに重点を置いています。また、運用するETFは常に市場動向を追跡し、適切なチャージ・ディスカウントを提供することで投資家に最適なリターンを提供することを心がけています。

どんぐり所長
どんぐり所長

指数に連動するように運用するのが得意。

ブラックロック社の提供する主なファンド

ブラックロック社は、世界最大の資産運用会社の一つであり、多くのETFを運用しています。 代表的なブラックロック社の運用するETFには、iShares Core S&P 500 ETF (IVV)、iShares iBoxx $ Investment Grade Corporate Bond ETF (LQD)、iShares MSCI EAFE ETF (EFA)、iShares MSCI Emerging Markets ETF (EEM)などがあります。 また、ブラックロック社は、米国株式、国際株式、債券、不動産などの様々なアセットクラスのETFを運用しています。

どんぐり所長
どんぐり所長

IVVやLQDは知っている人も多いはず。

IVV

IVVは、iShares S&P 500 ETFのことで、S&P 500インデックスを模倣するETFです。S&P 500は、アメリカ株式市場の大手500銘柄を対象に構成される指数で、米国株式市場の全体像を反映します。IVVは、S&P 500指数に沿って構成銘柄を選定し、それに従って配当金や評価額を再編成することで、S&P 500指数の振れ幅を再現します。

どんぐり所長
どんぐり所長

S&P500に投資したいならこれ!

AGG

AGGはiShares Barclays Aggregate Bond Fundのことであり、ブラックロック社が運用する上場投資信託(ETF)です。このETFは、米国債市場を投資対象としています。AGGは、固定投資信託の中でも特に長期的な安定性と安全性を求める投資家向けのETFとして人気があります。

どんぐり所長
どんぐり所長

リスクが低く安心な債券を集めたETF!

LQD

LQDは、ブラックロック社が運用する投資信託(ETF)の一つで、投資対象としては投資グレードの企業債券を持つ。このETFは、米国内の大企業に対する投資を行うことで、債券市場におけるリスクとリターンのバランスを取ることができる。

どんぐり所長
どんぐり所長

少しリスクを取って、配当利回りが高めの債券ETF。

HDV

HDVは、iShares U.S. High Dividend Equity Fund(アイシェアーズ・ユーエス・ハイ・ディビジェント・エクイティ・ファンド)の略称です。このETFは、高配当性の高い米国株式を投資対象としています。配当収益を重視する投資家に向けて設計された、配当金を重視する投資戦略の一種です。

どんぐり所長
どんぐり所長

高配当株という事で、日本で大人気!

IYR

IYRはiShares U.S. Real Estate ETFの略称です。このETFは米国の不動産業界を投資対象としています。IYRに投資することで、不動産関連株式を多数保有することができます。このETFは不動産関連企業の株式を投資対象とすることで、不動産市場の様相を反映した投資リターンを得ることができます。

どんぐり所長
どんぐり所長

不動産セクターに簡単低コストに投資できる!

EFA

EFAは、iShares MSCI EAFE ETF の略で、MSCI EAFE(Europe, Australasia and Far East)インデックスに投資しています。つまり、欧州、オーストラリア、そして東アジアの国々の株式市場を投資しているETFです。 EFAは主に大手外国株式に投資しており、日本をはじめとするアジア市場をは含んでいません。このETFは、外国株式に投資したい投資家に適しています。

どんぐり所長
どんぐり所長

アメリカ以外にも投資して、ポートフォリオの調整に役立ちます。

EEM

EEMはiShares MSCI Emerging Markets ETFの略で、ブラックロック社が運用しているETFです。このETFは新興市場株式に投資し、MSCI Emerging Markets Indexを追跡します。新興市場は、経済成長が高い国々の証券市場を指し、この ETF は、中国、ブラジル、ロシア、インドなどの新興国の株式を取り扱っています。EEMは流動性が高く、投資家により幅広い選択肢を提供します。

どんぐり所長
どんぐり所長

信仰株式に投資したいならEEM!

ブラックロック社のETFに投資するメリット

ブラックロック社の運用するETFのメリットは、以下のようになります。

  • 長期的な投資に適している
  • 高い流動性を持つ
  • 広範囲にわたる投資対象に対応できる
  • ポートフォリオをバランスよく管理できる
  • 運用経験や投資知識が少なくても投資できる

ただし、ブラックロック社以外にもETFを運用する企業があり、それぞれに特徴やメリットがあるため、投資目的や市場動向、自分のリスク・リターンのバランスなどを考慮して選ぶことが重要です。

どんぐり所長
どんぐり所長

バンガード以外のファンドに投資したいなら ブラックロック

バンガード社のファンドは多岐に渡り、なおかつ低コストな為、日本で大人気です。そのバンガードに追随、もしくは追い抜く為に一層の低コスト化を図っているいるのがブラックロック社です。

比較する際には、次のようなポイントを考慮することができます。

  • コスト: ブラックロック社のETFは一般的にバンガード社のETFよりも低コストであることがあります。
  • 運用方針: ブラックロック社は、投資家にとってより直感的で分かりやすい運用方針を採用することがあります。例えば、銘柄選定に基づいて投資することなどが含まれます。
  • ディバイダー: ブラックロック社のETFは、一般的にバンガード社のETFよりも高い配当を生み出すことがあります。これは、選定された銘柄において配当性向が高いということが原因です。
  • 流通量: ブラックロック社のETFは、一般的にバンガード社のETFよりも大規模な流通量を持っていることがあります。これは、投資家にとってより安定した価格変動をもたらすことが期待されます。

これらは、ブラックロック社を選択する際に考慮すべきポイントの一部です。実際の選択には、投資目的やリスクトレードオフ、その他の条件も含めて考慮する必要があります。

どんぐり所長
どんぐり所長

ブラックロックはバンガードと対抗している、今いちばん活きの良い資産運用会社なんだ。

よく比較されるのが、バンガードのVOOとブラックロックのIVVです。双方ともS&P500指数に連動するETFですが、経費率を下げて争っているような状況です。

IVV (iShares Core S&P 500 ETF) の経費率は、通常、平均的な経費率として 0.04% 程度とされています。この経費率は、ETFのオペレーション、運用、およびマーケティングに必要な費用を支払うために支払われます。IVV の運用には、追跡株価指数である S&P 500 の保有する銘柄を維持することが含まれます。また、この経費率は比較的低いものとされており、投資者が長期的に投資する場合には大きな影響を与えないかもしれません。

どんぐり所長
どんぐり所長

ブラックロックのファンドなら、バンガードに負けない低コストを実現してくれます。

米国株ETFが始めたくなったら

米国株ETFを始めるにはどうしたらよいのでしょうか?株の初心者には全然わかりませんよね。

米国株ETFを始めるには、まず証券会社の口座を開設しましょう。でも、株を知ったばかりのあなたはどの証券会社を選べばいいかわかりませんよね。私もそうでした。

何も知らずに証券会社を選ぶことは非常に危険です。なぜなら、証券会社によって手数料がまったく違うからです。例えば、銀行や証券会社などで投資信託を契約してしまうと、非常に手数料が高額になる場合が多いです。手数料が多いと、その時点で将来の資産形成スピードが遅くなります。それどころか手数料負けしてしまって、マイナスになることもあり得ます。

そこで、手数料も低額で良心的なネット証券会社を二つご紹介します。両行とも、自信をもっておすすめできる証券会社です。

SBI証券

証券会社の口座開設数で日本一を誇るSBI証券。多くの方々に親しまれている理由は、総合的なレベルの高さ。

  • 国内の証券口座開設数ナンバーワン
  • SBI・Vシリーズで、VT/VOO/VTIなどのETFに連動した投資信託が円貨で購入できる
  • 住信SBIネット銀行経由でドルを買うと手数料が最安
  • PTS取引で夜間も株取引ができる!
  • 投資信託の買い付けにTポイントが利用できる!
  • IPO案件の取り扱いが多く、IPOチャレンジポイントで何時かは購入できるのが嬉しい。
  • Tポイントでも投資が可能に!
どんぐり所長
どんぐり所長

とりあえず一つ口座開設したいなら、SBI証券を選べばいいですね。

SBI証券で口座開設する方法を、画像を使って解説しました!ぜひ参考にしてくださいね。

著者

コメント

コメントする

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次