【VWO】将来の成長に期待!新興国へ投資するETF

米国株ETFや投資信託で投資を始めると、どうしてもアメリカの企業の比率が上がっていきます。でも、アメリカばかりに投資して本当に大丈夫?そう考える方も少なくないでしょう。

アメリカはすでに大きく成長していて、世界で大きな影響力を持っています。でもそれは現在の事。将来、もしかしたら別の国が台頭してくるかもしれません。逆にアメリカが没落する可能性もゼロではありません。

そのような事態を危惧するならば、アメリカ以外の国の比率を高めるべき。その比率を調整するのに便利なのがこのVWOVEAです。

  • VEA…アメリカ以外の先進国に投資するETF
  • VWO…新興国に投資するETF

この二つを組み合わせる事で、あなたのポートフォリオのアメリカの比率を下げる事ができます。

この記事では、このうちVWOがどういうETFなのか、投資にあたいするのか解説していきますので、ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

登場人物
どんぐり所長

どんぐり所長

米国株式を中心に投資する投資家
投資の為に樫の木から落ちてきた木の実
安定型、長期投資志向
投資信託+米国ETF+国内高配当株に投資
証券口座を4口座活用中

けんたくん

けんたくん

お金持ちに憧れる小学6年生
株式取引に大いに興味あり
自分以外が儲かる事がキライ
両親より株式に詳しい

目次

VWOとは

VWOはアメリカのバンガード社の運用するETFです。その投資対象はズバリ「新興国」。世界から先進国を覗いた国に対して投資するETFということになります。

バンガードが運営しているので経費率も安く、運用も安定しています。

どんぐり所長
どんぐり所長

新興国の成長に期待するETFですね!

これからどんどん上がってくる…楽しみ!

けんたくん
けんたくん

VWOの運営会社 バンガードとは

バンガードって?

けんたくん
けんたくん
どんぐり所長
どんぐり所長

日本で大人気の資産運用会社さ!

バンガード社はブラックロック社に次ぐ世界第二位の投資信託および上場投資信託の提供者です。世界で初めてインデックスファンドを個人投資家に提供した企業として有名です。

経費率の低い良心的な商品を多く提供しており、特に日本国内では大人気の資産運用会社です。

VWOは新興国に投資する

新興国って?

けんたくん
けんたくん
どんぐり所長
どんぐり所長

世界の国々から先進国を覗いた国々だね!

新興国は、地球上の概ね80~90%の人口と面積を有します。そうです、世界のほとんどの国が新興国なのです。

この新興国に投資するのがVWOです。

VWOの構成国

どんな国に投資しているの?

けんたくん
けんたくん
どんぐり所長
どんぐり所長

主な国を一覧にしたよ!

WWOの主な構成国
  1. 中国
  2. 台湾
  3. インド
  4. ブラジル
  5. 南アフリカ
  6. サウジアラビア
  7. タイ
  8. メキシコ
  9. マレーシア
  10. インドネシア

VWOでは中国の占める割合が大きく、その割合は30%以上にも達します。中国の企業の成長は目を見張るものがあります。

人口の多い国が多く並んでいます。人口が多いと成長すると大きなリターンが得られます。このあたりを取りこぼさないように投資するのがVWOですね。

VWOの主な構成銘柄

じゃあ、どんな企業が含まれているのかな?

けんたくん
けんたくん
どんぐり所長
どんぐり所長

知っている企業あるかな?一覧にしてみました。

WWOの主な構成国
  1. TSMC…4.50%
  2. テンセント…3.89%
  3. アリババ…3.07%
  4. リライアンス・インダストリーズ…1.59%
  5. 美団…1.47%
  6. JDドットコム…1.09%
  7. TSMC…1.02%
  8. インフォシス…0.95%
  9. 中国建設銀行…0.90%
  10. ヴァーレ…0.81%

2022年7月23日現在

知らない会社ばかり…(汗)

どんぐり所長
どんぐり所長

アリババはソフトバンクが大株主ということで、知っているかもしれませんね!

VWOの銘柄情報

ETFとしてはどうなのかな?

けんたくん
けんたくん
どんぐり所長
どんぐり所長

ここではVWOの運用成績など解説していこう!

資産総額

どんぐり所長
どんぐり所長

VWOの資産総額は700億ドル

よくわかんないけど、凄い金額なのはわかる。

どんぐり所長
どんぐり所長

米国ETFの中でも、多い部類に入るよ!

VWOの資産総額は2022年7月現在で、700億ドルを突破。この金額は非常に多いです。

資産総額は多ければ多いほど人気があり、資金が集まっているといえます。

資金が潤沢に集まっている商品は、経費率も下がる傾向にありますし、運用も安定してできます。

その点でVWOは合格点といえるでしょう。

資産総額の多い銘柄を狙え!資産総額ランキングはこちら

配当利回り

新興国ETFの配当ってどのくらいになるんだろ?

けんたくん
けんたくん
どんぐり所長
どんぐり所長

3%くらいかな!成長を狙うインデックスの中では、多い方になりますね。

VWOの2022年7月現在の直近の配当利回りが3.00%。人気のS&P500に投資するETF、VOOが1.3%前後という事を考えれば、非常に配当利回りが高めのETFといえます。

配当利回りが多いETFはどれだ?配当利回りランキングはこちら

経費率

あの~。経費率はどのくらいで運用してくれるんでしょうか。

けんたくん
けんたくん
どんぐり所長
どんぐり所長

大丈夫、大丈夫。バンガードだから!そんなに高くないよ。

VWOはバンガードが運用していますので、経費率がとってもお得。なぜならバンガードは経費率が低い事で日本で大人気だからです。

WWOの経費率は2022年7月現在で0.08%。100万円分投資しても、年間たったの800円です。この金額なら、忘れていてもいいくらいの金額ですね。

経費率の安いETFを探せ!経費率ランキングはこちら

直近のトータルリターン

VWOの成績はどうなの?

けんたくん
けんたくん

う~ん。微妙?

微妙って。

VWOの2022年7月現在の直近5年トータルリターンが年利2.02%。5年間の実績として、年2%前後成長してきたことになります。

これは、高配当ETFの目安である3~4%の年利よりも低い数値です。

それならば高配当ETFに投資した方がよいのでは?という意見もでてきそうですが、VWOはそもそも投資する目的が違いますので注意しましょう。

VWOのデメリット

VWOのデメリットあるの?

けんたくん
けんたくん
どんぐり所長
どんぐり所長

う~ん、新興国に投資してるってところかな?

新興国に投資するETFなのにぃ!

新興国の「これからの成長に期待」するというのはその通りなんですが、いままで成長が先進国に追いつかなかったからこそ新興国であるともいえます。

これから先、先進国に仲間入りするほどに成長が見込める国は現時点では中国くらいでしょうか。

新興国であるがゆえにデメリットが発生します。

株価が安定しない

どんぐり所長
どんぐり所長

新興国ばかりなので、何か有事が起こると海外投資家がすぐに資金を引き揚げてしまいます。

資金が流出するってことは…!

株価が下がります!新興国は非常に株価が上下しやすいんだよ。

やはり最大のデメリットは、新興国に投資する事によるリスク。

先進国と比べて新興国は信用も低く、株価変動のリスクが高くなります。大きな有事が起これば、資金が流出し大暴落する可能性もあります。

また、VWOの3分の1を占める中国についても注意です。非常に成長してきたくにですが、アメリカなどと貿易摩擦が起こればたちまち輸出制限などが行われ、株価の低迷が起こる可能性があります。

逆に中国がアメリカを追い抜くという未来もありますが、このあたりは預言者におまかせしておきましょう。

VWOはこんな人におすすめ

デメリットは分かったけど、どういう人が買うのかな?

けんたくん
けんたくん
どんぐり所長
どんぐり所長

VWOを取り入れる人には二つの意味があります。

デメリットを考えれば、他の安定したETFを購入すればよいのですが、それでもVWOをポートフォリオに加える意味を考えていきましょう。それがこの二つ。

  • 新興国の将来性
  • アメリカ以外の国の比率を上げたい

それぞれ、どういう内容で投資するのか解説していきましょう。

新興国の将来性に賭ける

どんぐり所長
どんぐり所長

新興国の方が伸びる可能性を信じる方におすすめ。

アメリカ以外の国が伸びると考えている人向けかな?

けんたくん
けんたくん
どんぐり所長
どんぐり所長

その中でも、中国や台湾、インドやインドネシアが将来的に伸びると考えている人向けですね。

アメリカが将来も今のように大きな影響を持ち続けるとは限りません。未来のアメリカの座を奪う国が新興国の中に含まれると考える人は、新興国に投資します。

ただし、急激に伸びるわけではないので、長期的にみる必要があるでしょう。

アメリカ以外の国の比率を上げたい

どんぐり所長
どんぐり所長

持っている資産のアメリカの比率を下げたい場合に使用します。

VWOにはアメリカが入ってないからか!

けんたくん
けんたくん

全世界に投資するVTであっても、半分以上の割合をアメリカが占めています。世界に投資する投資信託も同様です。

私たちは知らず知らずのうちにアメリカに投資しています。そのアメリカへの過剰投資を嫌う人は、新興国への投資であるVWOや、アメリカを除く先進国へ投資するVEAを使ってアメリカの比率を下げましょう。

アメリカがいつ没落するかは誰にもわかりません。アメリカ自体が下がってしまう未来を危惧する人はアメリカの割合を下げておく必要があります。

VWOのまとめ

どんぐり所長
どんぐり所長

つまり、VWOはアメリカにばかり投資先を集中させたくない投資家が使うETFだね。

なるほど~。あまり僕には関係ないETFかな。

けんたくん
けんたくん
どんぐり所長
どんぐり所長

けんたくんは、将来がまだまだ長いから、もっと安定的なETFを長期で持つといいね!

わかりました~!

けんたくん
けんたくん

VWOを購入するべきする人は多くありません。このままアメリカが世界をけん引していくと考えている人はまず購入する必要がありませんし、成長で売買益を得たいなら他にもっとよい銘柄があります。

リスクばかり高く、リターンも少ないとなれば、もっと他の銘柄を選択することをおすすめいたします。

ただし、前述したようにアメリカの比率を下げたい、新興国に期待しているという方におすすめのETFになります。

どんぐり所長
どんぐり所長

では、また!

米国株ETFが始めたくなったら

米国株ETFを始めるにはどうしたらよいのでしょうか?株の初心者には全然わかりませんよね。

米国株ETFを始めるには、まず証券会社の口座を開設しましょう。でも、株を知ったばかりのあなたはどの証券会社を選べばいいかわかりませんよね。私もそうでした。

何も知らずに証券会社を選ぶことは非常に危険です。なぜなら、証券会社によって手数料がまったく違うからです。例えば、銀行や証券会社などで投資信託を契約してしまうと、非常に手数料が高額になる場合が多いです。手数料が多いと、その時点で将来の資産形成スピードが遅くなります。それどころか手数料負けしてしまって、マイナスになることもあり得ます。

そこで、手数料も低額で良心的なネット証券会社を二つご紹介します。両行とも、自信をもっておすすめできる証券会社です。

SBI証券

証券会社の口座開設数で日本一を誇るSBI証券。多くの方々に親しまれている理由は、総合的なレベルの高さ。

  • 国内の証券口座開設数ナンバーワン
  • SBI・Vシリーズで、VT/VOO/VTIなどのETFに連動した投資信託が円貨で購入できる
  • 住信SBIネット銀行経由でドルを買うと手数料が最安
  • PTS取引で夜間も株取引ができる!
  • 投資信託の買い付けにTポイントが利用できる!
  • IPO案件の取り扱いが多く、IPOチャレンジポイントで何時かは購入できるのが嬉しい。
  • Tポイントでも投資が可能に!
どんぐり所長
どんぐり所長

とりあえず一つ口座開設したいなら、SBI証券を選べばいいですね。

SBI証券で口座開設する方法を、画像を使って解説しました!ぜひ参考にしてくださいね。

DMM.com証券

DMM.com証券の売りは、なんといっても手数料の低さ。口座開設までのスピードも速く、早く口座開設したい方にはうってつけです。

DMM.com証券のメリット

  • 手数料が最安値!
  • DMM株ポイントが取引量によって貰える!
  • 最短5分で口座開設の入力が完了!最短即日に取引開始可能!

DMM.com証券のデメリット

  • 国内株を、1株から取引する事はできない
  • 投資信託の取り扱いが無い
  • つみたてNISA口座の開設ができない
どんぐり所長
どんぐり所長

一刻も早く口座開設したいなら、DMM.com証券を選びましょう!

DMM.com証券で口座開設する方法を、画像を使って解説しました!ぜひ参考にしてくださいね。

トップページへ戻る
著者

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次